kumac's Photo

kumacphoto.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 28日

文学館の中の静寂

e0285351_4299100.jpg


Leica M Monovhrom & Summilux 35mm f1.4 ASPH
ISO 400 , F値不明 , 1/500

[ 仙台市文学館です。ここは台原森林公園という深い森の中にあります。といっても、街の中心道路に面しており、森の外れですが。設計はネオタイド建築計画 です。建物の中心部分ががらんどうになっていて、光が差し込みます。光を取り込んだ、とても明るい建物です。そして、周辺の緑や小川や池が、心を和ませてくれます。ここで本を一日中読んでいたいという想いに駆られます。RAW現像でちょっと黒を強調したので、静寂な館内の感じが消えてしまったかも知れません。 ]










にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-28 04:38 | Summilux 35mm ASPH | Comments(2)
2013年 02月 27日

一筋の枯れ草

e0285351_637673.jpg


Leica M Monochrom & Summilux 35mm f1.4 ASPH
ISO 400 , F値不明 , 1/1000

[ また川原の枯れ草達の中の風景です。一本の枯れた草が空に向かって聳え立っています。やがて、これも、倒れて、土の中への還ってゆくわけですが、そう思うとなおさら愛おしくなります。このレンズというかカメラは、細かな線の描写がとても美しく写し撮ることができてとても好きです。髪の毛一本の描写でも、一本一本の輪郭がきちっとしているような映りをします。 ]







にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-27 06:42 | Summilux 35mm ASPH | Comments(2)
2013年 02月 26日

冬枯れの草達

e0285351_5111178.jpg


Leica M Monochrom & Summicron 50mm f2.0 (DR)
ISO 400 , F値不明、1/60

[ 自分が最も好きな撮影ポイントの川原の草たちです。秋になると次第に枯れ始め、冬になるとそれがミイラ化してゆく、まだ雪が積もるこの時期は水分を含んで、色はところどころ生きたという証のような腐食色をしている。それが、3月4月となってミイラ化すると、辺り一面真っ白な草達で覆われてくる。ディアルレンジのズミクロン50mmによる近接撮影です。 ]









にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-26 05:17 | Summilux 35mm ASPH | Comments(0)
2013年 02月 25日

こけし達の朝の表情

e0285351_659399.jpg


Leica M Monochrom & Summilux 35mm f1.4
ISO 400 , f1.4 , 1/250

[ 遠刈田温泉の公衆浴場「神の湯」に行ってきた。その帰り、まだ身体が火照っている中、ほんの50メートルくらいの小さな街の中心通りにある中古ショップに行ってきた。そこには、多くのこけしが並べられていた。遠刈田系こけしだけではなく、東北全域のこけしが揃っている。1万円の値札が付いていたものだが、店主は、朝一番の客だから半値まで値を下げてくれた。つい、七ヶ宿の稲子部落の大葉さんのこけしはあるか尋ねたら、あるという。大小二つで2万円。小さい方だけでもおわけするという、そして三千円でいいと言われた。つい、昔、自宅に何度も通った思い入れがあった工人なので買ってしまった。こけしって、表情が色々あって楽しい。今の、こけしブームとやらが、納得できた。 ]









にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-25 07:05 | Summilux 35mm ASPH | Comments(0)
2013年 02月 24日

冬枯れの土手から月を見る

e0285351_458357.jpg


Leica M Monochrom & Summilux 35mm f1.4 ASPH
ISO 400 , F値不明、1/2000

[ 誰でも気に入った撮影ポイントってあるような気がする。自分は、自分が住む街の真ん中を流れている川の上流の民家も無い草が生い茂った土手が好きだ。特に、この時期、草達が冬枯れして、その死骸を曝しているような風景が好きなのです。今はまだ雪のな残りの水分が残り、草達はまだ十分にミイラ化していないが、これが春の陽射しを浴びて干からびてくると、本当に遺骨のように真っ白く、一面灰のような風景に変わってくる。昨日、言ってみたが、まだ、時期は早かったようだ。なので、土手に生い茂る枯れ草と月を撮影した。細い枯れ草がしなだれて織りなす微妙な曲線がとても好きな一枚です。 ]










にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-24 05:05 | Summilux 35mm ASPH | Comments(2)
2013年 02月 23日

机の上の置物達

e0285351_4123285.jpg


Leica M Monochrom & Leica Elmarit 90mm f2.8(L)
ISO 10000 , f2.8 , 1/250

[ 今日も室内の小物達。いつも自分の身近に居る友達みたいな物達です。友人が作ったロボット怪獣、皮革彫刻家河野甲氏の作製したペーパーウェイトの犬、それに小さな壺、秋之野窯ふあみりぃ展で買った小さな陶器製の家、そしてジョブズ人形。これを、ISOの最高感度の1万で撮影しました。光が弱いので、あまり映像がくっきりとしていませんが、ウエブ掲載の画像で見る限り問題はないようです。でも、ちょっとざらつき感があるような気がします。ファインダーの見え方をこの新調したばかりのMonochromと私の持っている普通の十万円ちょっとで買ったM3とて比べてみましたが、明らかにファインダーの見やすさはM3が上です。これは、自信を持って言えます。 ]








にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-23 04:21 | Elmarit 90mm f2.8 | Comments(0)
2013年 02月 22日

蓋のある小さな壺

e0285351_2431550.jpg


Leica M Monochrom & Summicron 50mm f2.0 ( DR )
ISO 160 , f2.0 , 1/25

[ この壺は、昨年の村田町で行われた陶器市で買ったもの。蓋の先端に付いている乳首のような取っ手が気に入っている。いつかは、妻のお骨を入れて、妻の父母が眠る墓に分骨をしようと思っているが、それは秘密事項。ディアルレンジのズミクロンによる近接撮影。週末でないと、外の風景は撮れない。必然と家の中で、獲物を狙うことになる。 ]









にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-22 02:49 | Summicron 50mm f2.0 | Comments(0)
2013年 02月 21日

図書館の2階のドーム

e0285351_3101063.jpg


Leica M Monochrom & Summilux 35mm f1.4 ASPH
ISO 400 , F値不明 , 1/250

[ やはり、札幌ドームを彷彿とさせる。これは県図書館の2階にある児童書コーナーの部屋です。図書館自体全体が丸いドームのような細長い形をしているので、廊下が長い。建物を撮るときは、35mmでも部分的なものしか撮れない。15mm位の広角なレンズが欲しくなる。 ]








にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-21 03:15 | Summilux 35mm ASPH | Comments(0)
2013年 02月 20日

図書館入り口の丸い屋根

e0285351_4192419.jpg


Leica M Monochrom & Summilux 35mm f1.4 APSH
ISO 400 , f値不明 , 1/4000

[ 月に2度は行く県図書館の正面入り口に前にある丸い屋根の庇です。自転車置き場の屋根でもないし、なんのための構築物なのか正直分かりません。この建物、設計は原広司+アトリエ・ファイ建築研究所です。原広司は、京都駅ビル、札幌ドームなどを設計しています。札幌ドームと、とても設計思想は似ている丸みを帯びた建物です。雪の中、白い下からの反射光が微妙なニュアンスで映っています。 ]









にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-20 04:26 | Summilux 35mm ASPH | Comments(0)
2013年 02月 19日

父の車椅子

e0285351_436222.jpg


Leica M Monochrom & Summlux 35mm f1.4 ASPH
IS0 400 , f値不明, 1/250

[ 休日は、時間があれば、なるべく父が暮らしている特別養護老人ホームに行くことにしている。面会は、ほんの15分くらいの短いものだ。それは、いつも、面会客が自分と分かると家に帰ると言い出すので、余り長く居ると興奮しだして、収拾がつかなくなりそうに思えるからだ。施設の職員の方にも迷惑がかかる。かと言って、そんなちょっとだけしか会いに来ない「息子」と見られるのも気にはなる。
 昔、父が家にいた頃に、父の食事の介護をしている時間にライカの M3 で父の写真をいっぱい撮った。それで、詩と写真の展覧会をしようと思って、ある喫茶店にお願いしたら、いいですよ(場所をお使いください)との返答を貰った。嬉しかったが、ちょっと不安もあった。それは、父の食事風景は、決して美しいものではない。食べ物がお盆の上に散乱し、口の周りから涎が垂れている・・・・、案の定、その写真を見せたら、店主が「それではうちの店に食べに来るお客さんの気分の害すると言われた。自分にとって、父は綺麗事ではない。
 言い分けですが、この写真のピントは座っているであろう父に合わせたつもりです。なので、車いすにかかっているセーターはぼやけている。だから、視点が定まらず、良い写真とはなっていない。 ]









にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村




 
[PR]

by kumacphoto | 2013-02-19 04:24 | Summilux 35mm ASPH | Comments(0)