kumac's Photo

kumacphoto.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 03日

嫁入道具琺瑯盥

e0285351_4301549.jpg


Leica M Monochrom & Nickel Elmar 3.5/f 50mm
ISO 400 , F 3.5 < 1/30
 → flickr









にほんブログ村 写真ブログ ライカへ
にほんブログ村









 




[ 隣町に江戸期創業の老舗の造り酒屋があります。結構、美味しいお酒です。街のメインの通りに面してお店も構えています。ただし、売る気はほとんどありません。申し訳程度に、しかたなくお店を開けている感じです。ここで買ったからと言って、値段が安くなるわけでもありません。試飲もできず。何時行っても、商品は、店の中の大きな冷蔵用のガラスケースに、たった数本しか置いてありません。あるのはいつも清酒と、純米酒が数本のみ。時々、季節限定や、変わった種類のお酒が置いてあります。あとは、自宅で飲むワインを冷蔵しています。「それは、売り物じゃないです」と言われます。先日、新聞にも載った日本酒コンクールで賞をもらったという純米酒は、主に地方の酒店に直接に卸しているので店に出ないとのことでした。そういう、人気のある種類のお酒は、何時行っても、ほとんど店には置かれていません。たまたま、行って変わった種類のお酒があるときは、数合わせで余ってしまい、仕方なくお店に置いているようです。めずらしい種類のお酒に運が良かったら、出会えます。そして、ここのお店の中は、土間となっていて、大きな瓶や商売用の家具、など古い道具が置かれていて、る写真野郎の写欲をかき立てる雰囲気です。しかし、店内は撮影禁止と言われます。理由はわかりません。前置きが長くなりましたが、先日、お酒を買いに行った時、季節限定の「しぼりたて特別醸造酒」が置いてありました。運が良い日でした。それを購入しようとして、お金を女将さんに払うとき、ちょっと目をそらしたら、とても素敵なホーローの盥を見つけてしまいました。薄暗い蔵のようなお店の中で、ひときわ目立つ白。それに外のヒカリが当たって、とても綺麗でした。「これ撮ってもいいですか」と女将さんに尋ねたら、「いいですよ」と簡単に了解をいただきました。が、続けて、女将曰く。「それ、私の嫁入り道具なの、はずかしい。なんでこんなものを持って、お嫁に来たのでしょうね。」と語ります。思いを込めて、バシャリととさせていただきました。そして、「見てください綺麗でしょう。モノクロでしか撮れないカメラなんですよ。」とライカ自慢をしたら、「あら、私の遺影を撮ってもらいたいは 」と言うではありませんか。私は「遺影は最近カラーになっていますよ」と言いましたが、そこから、遺影はカラーが良いか、モノクロが良いかという話になり、つい長居をしてしまいました。写真を通じて人と触れあうって、こういうことなんだなと思った次第です。今度、この写真をファミリーマートに注文して大きく銀塩並の印刷をして、お持ちしようかなと思っております。少しは、安くしてくれるかな?長文、失礼をいたしました。・・・ニッケルエルマーのことは、また次回。]









 
[PR]

by kumacphoto | 2014-02-03 04:48 | Elmar 3.5/F50mm | Comments(2)
Commented by Voyagers-x at 2014-02-03 11:55

おはようゴザイマス!!
何だか一癖あるお店のようですね。
でもそういうお店に限って素晴らしく美味しいものをこっそりと置いていたりしますね。
かよて仲良くなるしかないかな(笑)


Commented by kumacphoto at 2014-02-04 02:30
Voyagers-xさん、おはようございます。
 日本酒お好きでしょうか?
 私は、45歳を過ぎた辺りで、好きになりました。
 それまでは、なんでも良かった。
 たまにしか日本酒は飲みませんが、ここのお酒は好きです。
 http://openers.jp/culture/wajowaraku/oonuma.html


<< 座禅堂入口      乱離乱蜜河川敷 >>